サービスのご案内


    当事務所の主なサービスをご紹介します。


アウトメ[シング

給与計算、社会保険・労働保険手続きなどの管理業務は企業経営にとって必要不可欠な業務ではありますが、非生産業務のため、自社で固定費化するより当事務所にアウトメ[シングすることで変動費化とコストダウンが図れます。

さらに業務を行っていく過程において、年間の時間外労働や人材の流れ等の傾向が情報として蓄積されていきます。この情報は人事・労務管理面における課題発見に大いに役立ちます。

課題を解決するご提案も積極的に行い、頻繁な法改正にもスピーディーに対応いたしますので安心してお任せいただけます。

メリット1 コストダウン

社員の入退社や扶養家族の変更などによる社会保険や労働保険手続き業務だけでも書類の作成と届出で早くても半日、各官庁への移動まで含めると丸1日はかかります。移動による交通費なども必要となります。

仮に正社員の時給1,900円(月給20万円、賞与、法定福利費、退職金積立含む)とした場合に1日約17,000円もかかってしまいます。

当事務所のアウトメ[シング費用は毎月の給与計算人数により決定いたします。繁閑によりアルバイトやパートなどの増減に対しての変動費化が可狽ニなることから当事務所にお任せ頂くとコストダウンが図れます。

メリット2 時間の有効利用

手続き業務は本来貴社の本業とは関係のない非生産業務です。コア・コンピタンスに集中するためにも貴重な人材、人件費を本業に集中させ、手続き業務を当事務所へアウトメ[シングすることにより時間的ロスを削減することができます。

メリット3 課題解決のご提案

当事務所のアウトメ[シングサービスは単なる事務作業だけではございません。労務管理の専門家である社会保険労務士が、労務管理の相談に応じ、課題に対する解決策をご提案いたします。また法令の改正や労務管理に役立つ情報をタイムリーにご提供いたします。


就業規則の診断作成サービス

就業規則は、社員の就業環境を定めたものです。実態に即して作成され、適正に運用されると社員のモラールアップにつながるため、会社の成長をも左右する大切なものです。

就業規則に不備があると、社員とのトラブルが発生した場合等イザという時全く役に立たず、経営上の大きなリスクとなります。

当事務所では、貴社の経営戦略や状況に応じた就業規則を作成いたします。

詳しくはコチラへ


助成金の活用提案

助成金とは、厚生労働省が「労働者の職業の安定に資するために、失業の蘭h、雇用機会の増大、雇用状態の是正、労働者の迫ヘ開発等を図る目的」で支給するものです。この助成金は融資等とは違い、返済の必要がなく経営を大きくサポートしてくれます。

しかし助成金にはその種類も多く、受給するための条件も複雑で、制度改正が頻繁に行われるためにタイムリーな内容を把握しづらいことから、せっかく活用できる助成金を活用していない、あるいは存在すら知らないという場合が多いのも事実です。

当事務所では、ご相談頂いた企業様にとって条件を満たす助成金があるかどうかを診断いたします。


退職金制度の再穀z

これまで多くの中小企業が年功型退職金制度でしたが、基本給の上昇や定年延長による勤続年数の増加等で年々退職金額が上昇しています。

低金利による積立不足、定年退職者の大量発生、退職給与引当制度並びに税制適格年金制度廃止による税負担の増加、移行先の選定を迫られる等により早急に対策を打つ必要があります。

当事務所では、各企業様の退職金の考え方や経営戦略をふまえてトータルサポートいたします。

詳しくはコチラへ


icon 人事制度の穀z

当事務所の人事制度に対する基本スタンスは「社員を成長させる仕組みづくり」だと考えます。コア・コンピタンスを実現するには、コアとなる人材の成長が欠かせません。

コア人材が中心となり、少数精鋭で競争に勝ち残るためにも会社と社員が互いにWin−Winの関係を築き上げ、業績を上げ続ける仕組みづくりのお手伝いをいたします。






顧問契約

grobal

顧問契約とは労務管理に関する諸問題を月単位で包括的にサポートするサービスです。

経営における労務管理の問題は日常的、継続的に発生するものです。その際の相談窓口を確保しておくというのが顧問契約の意義であり、いつでも気軽に相談できるというのが顧問契約のメリットです。